スグ使えるフィラリア予防薬

スグ使えるフィラリア予防薬は、巷で噂のフィラリア予防薬のチョイスの仕方の目の付け所やコツを他のところより完璧に紹介しているホームページだと思います。フィラリア予防薬が初めてのあなたであろうともおびえることなく手に入れるということができるようになります。 - フィラリアの薬を犬に投与する時期は?

フィラリアの薬を犬に投与する時期は?

フィラリア症は犬にとっては命に関わるとても怖い病気です。
フィラリア症は蚊が媒介する、犬糸条虫が、心臓などに寄生することで起こります。
進行が進むに連れて、心臓病や、腎臓病などの色々な病気を引き起こします。
場合によっては死に至ってしまいます。
しかし、きちんと予防してあげれば防ぐ事が出来る病気です。

フィラリアの薬の投与期間は?

では、フィラリアの薬はいつからいつまで投与したら良いのでしょうか?
フィラリアは蚊が媒介するので、蚊がいる夏の時期だけ薬を投与したら良いのでは?
と考える方もいると思います。
しかし、蚊は4月頃から出始めて、10月の終わりから11月の初旬頃まで活動します。
気温が15度以上~35度以下であれば、活動する事が出来るのです。
フィラリアの薬の説明文には、蚊が出始めてから1ヶ月後~蚊が見られなくなって1ヶ月後まで毎月1回投与と記載があります。
よって、大体5月から服用を開始して、11月終わり~12月頭まで服用すれば、万が一犬糸条虫に寄生されたとしても、心臓に達してフィラリア症を発症する前に駆除することが出来ます。

何故蚊が見られてから1ヶ月後に投薬するのか?

では、何故蚊が見られてすぐではなく、1ヶ月後から服用するのでしょうか?
普通に考えると予防なら蚊が現れる前に投与すればいいのにと考えると思います。
しかし、フィラリアの薬は、寄生されるのを防ぐ薬では無く、寄生した犬糸条虫を駆除するための薬なので、蚊に刺されるよりも前から飲んでも全く意味がありません。
また、感染直後の犬糸条虫は駆除出来ないので、刺されてから1ヶ月以降となっています。

終わりに

フィラリア症を予防することで一番気をつけなけなければいけないのは、蚊を見なくなったからと、勝手に投薬をやめてしまうことです。
これでは、せっかく夏の期間に予防しても、それ以降に蚊に刺された場合、感染する可能性が高くなってしまいます。
可愛い愛犬の為にも、投薬時期は、かかりつけの獣医師の先生の指示に従うこと、そして毎月必ず飲ませることが大切です。

新着情報

◆2016/12/21
フィラリアの薬を犬に投与する時期は?を新規投稿しました。